男性にとって重要なテストステロンを増やす方法ってある?

男をつかさどる大事なホルモン、それがテストステロン

テストステロン

きちんと把握してますか??きちんと男性してますか??できてないなら知るべきテストステロン

 

 まず、テストステロンとは、代表的な男性ホルモンの1種です。

 

巷の男性ホルモンという言葉の大半は、テストステロンを指すといっても過言ではありません。

 

そのため、睾丸で大半のテストステロンが生成され、分泌されています。そのため、テストステロンは”男性らしさ”司っています。

 

そのため、筋肉やひげ、体毛、生殖器をといった女性と大きく異なる部分だけでなく、決断力や記憶力にも関係しています。

 

 

テストステロンが与える影響と多い人の傾向

 あの人は男らしい・・・という言葉をよく言われる人は、テストステロンが他の男性に比べて、多い傾向にあるようです。

 

ハッキリ物を言う人、主張をする人は、テストステロンの毛中濃度が高いそうです。また、経営者やデイトレーダーといった決断力や判断力を求められる人も同様のようです。そのため、意外にも脳の機能にも影響を及ぼします。

 

実はすごいんです!!男のホルモンテストステロン

 

 別称:モテホルモン...これがテストステロンの別称です。昔、ヤンキーが持てるということを経験したことはありませんか?

 

あれもテストステロンの効果の1種と言えます。
 また、抗肥満、抗動脈硬化など、性に関する以外にも男性の体全体にいい効果をもたらすのが、テストステロンです。

 

どうでしょうか?簡単ですが、男性ホルモンテストステロンについて、紹介させていただきました。

 

性欲の増進や男性らしさというカッコよさのもとでもあり、健康にも大事なテストステロン。

 

 

案外、言葉は知っていても、どのようなものか知らない人は多いのではないでしょうか?

 

せっかく男性で生まれたなら、思い切り男性を楽しむために、このホルモンについて、調べ、増加させ、男らしい男性への一歩をふみだしましょう!

 

 

 

食事でテストステロンを増やす方法

テストステロン By フード

 

誰でもできる食事でテストステロン強化

 

 

the GOLD意外にあった日常的な食事とテストステロンの関係性
 男性ホルモンの1種であるテストステロンですが、に日常生活の食事から増やすことも、減少させることも可能です。

 

もちろん、食べるものにもよりますが、テストステロンの分泌を増やすものや、逆にテストステロンの排泄を抑えるものもあり、効果の効き具合も様々です。

 

様々な研究から、栄養素とテストステロンの血中濃度の比較が行われており、重要な働きをする栄養素もわかっています。

 

どんな物を??こういう食べ物がテストステロンを増加させます!!!

 まず、テストステロンの増加に勧める食べ物は、牡蠣です。なぜ、牡蠣かというと牡蠣に含まれる”亜鉛”がテストステロンの生産に重要な働きしています。

 

亜鉛欠乏症の人に亜鉛のサプリメントを食べさせることで、正常値にあったという結果もあります。
 牡蠣だとなかなか食べられないという人に、お勧めするのが”ネギ系の野菜”です。ネギ系ですので、長ネギや玉ねぎで構いません。

 

なぜ効果があるかというと、ネギ系の食べ物に含まれるケラセチンという栄養素が、テストステロンの排出を抑えるためです。

 

植物由来ということもあり、安心して食べることが可能です。

 

目安は1日1/2個です。

 

今回は、ほんの一部の食べ物を紹介しました。

 

まだまだたくさんあるので、ご自身でお調べになり、自分に合ったテストステロン増強の食事を構築するのが、継続的に摂取できるコツです。

 

日ごろの食事から、意識していることで、自信にもなりますし、精神的にも自信になると思いますので、まずはじめてみることからだと思います。

 

 

筋トレ、運動でテストステロンを増やす方法

運動とテストステロンの関係

 

スポーツでテストステロンの分泌を増加させる

 

 

スポーツや運動とテストステロンの分泌

 運動で筋肉に刺激を与えることで、テストステロン値が高くなることが分かっています。

 

ジョギングやランニングといった「有酸素運動」、トレーニングマシンを使用した「筋力トレーニング」ともに、テストステロンの分泌に効果的であることが分かっています。

 

逆に太ると、テストステロンの値が低くなることも分かっているので、体を日常的に動かすとは、男性の魅力を高める大事な要素であることがよくわかります。

 

どんなスポーツや筋力トレーニングが効率よくテストステロンを増やすことができるのか?

 では、どんなスポーツでもいいのでしょうか?

 

どうやら、必ずしもスポーツなら何でもというわけではなさそうです。

 

実際のところ、フルマラソンのような非常に体力を消耗し、激しく運動を行った場合は、血液中のテストステロンが大きく減少することが確認されています。

 

しかも、テストステロンの分泌量が元にもどるまでに2~3か月もの時間を要するとのことです。

 

 そのため、お勧めの運動は、あくまで継続可能で、大きな体の負担にならない運動となる。

 

たとえば、スローランニング、約1kmを7〜9分かけて走る。スロースクワットといった筋力トレーニングが効率的です。

 

何よりも、程よく体に負担をかけ、週2~3回で継続できることが重要です。

 

スポーツ選手ように引き締まった体に女性が魅力を感じるのも、見た目以外にテストステロンも関係しているのではないでしょうか?
かといって、スポーツ選手のような肉体を手に入れることは容易ではありません。

 

しかし、程よい運動を継続的にすることで、太ったりすることは十分に防げますので、意識的に体を動かすことを習慣にすることから始めるとよいのではないでしょうか?